キタちゃん&サトくんが行く! 第16回 噂のリケジョ(理系女子)に会いに行く!

キタちゃん&サトくんが行く! 第16回 噂のリケジョ(理系女子)に会いに行く!

2016年11月某日、とあるコンビニで「北里大学」の名前が記された3種類のパンを発見したんです!

驚いたさぁ、買って食べて、その美味しさにまたビックリw(*゚o゚*)w

そのパッケージには、われらが「しばちゃん」が描かれ、「北里大学のリケジョが考案」と記されていました。

製造はあの山﨑製パン(株)。でも、どうして? 北里大学で? パン?

北里大学がはじめた新手のビジネスなのかもしれません( ̄ω ̄;)。真相を確かめようと、相模原キャンパスを訪ねました。

訪ねた日は第54回北里祭の真っ最中だったのさぁ~。

アーチに鎮座ましますは「ノーべりおん」さん。北里の研究者をノーベル賞に導く(?)、大学祭のマスコットキャラクターです。

やってるやってるぅ~。キタちゃん、どこ見に行くさぁ? なに食べるさぁ?

それはあと! 今日の目的を思い出して!

「北里大学のリケジョ」に取材を申し込み、案内されたのがここ「サイエンスラボラトリー」。大学祭に併せて開かれていた「進学相談会」の一環として、理学部が開催するイベントの会場です。

いろんな実験が体験できるというので、相談会に訪れた高校生だけじゃなく、遊びに来ていたチビッコたちも大喜びだったさぁ~。

そして現れたのが、リケジョこと、こちらの3人。左からリハビリテーション学科の安原麻幸さん、看護学科の髙橋麻由子さん、物理学科の森葉子さんです。

手にしているのが噂の3種類のパン。左から阿蘇小国ジャージー牛乳入りクリーム&ホイップの「白いパン」、生姜入りハンバーグ&ネギ入り香味ソースの「ランチパック」、そしてプリン風味の「ふわふわスフレ」さぁ~。

3人のリケジョは進学相談会などで案内役・キャンパスナビゲーターを務めているんだって。その会議の席で、北里大学の話題づくりとして山﨑製パンとのコラボ企画が持ち上がり、商品化にまでこぎつけたのだそうです。

阿蘇小国は柴三郎博士の生誕地だし、生姜やネギといった薬味には薬効が期待できる。そして北里大学がある相模原は「たまご街道」といわれる地域もあるくらい、プリンの原料・卵の生産が盛んな土地。どのパンも、北里に縁が深いのさぁ~。

スフレの甘味は頭の活性化にも役立つはずだから、勉強に励む学生にもぴったりだよね。

本日の任務完了!

レッツゴー大学祭、なのさぁ~。

おおおぉ~、旗が舞っているさぁ。

相模原キャンパスの「湧昇龍」と十和田キャンパスの「三源色」という、2つのよさこいサークルによる旗の競演です。まるで大漁旗みたいだね。

野外ステージも大盛り上がりさぁ~。

こちらはアイドルコピーで大人気のダンスサークル「Wink」のみなさんでーす。

きた~っ! く・ま・モ~ン!

熊本県の営業部長兼しあわせ部長が、またまた柴三郎博士の生誕地から駆けつけてくれたさぁ~。しかも今回はお友だちと一緒。隣りは岩手県大船渡市の「おおふなトン」さぁ~。

こんなアトラクションンも用意されていたさぁ。

アトラクションって……動かないじゃん。

こちらは海洋生命科学部の「北里アクアリウムラボ」。小さな水族館です。

水族館や博物館の職員をめざす学生たちが、自主的に企画・運営しているのさぁ~。

大学祭の特別企画として、めずらしい深海生物の標本を展示。みんなボクのお友だちさぁ~。

あっ!そっか。サトくんは水の妖精だものね。

アクアリウムラボの舞台裏にも潜入!

「北里アクアリウムラボ」は、休・祝日を除く月曜~金曜の10:00~16:00の開館で、誰でも無料で見学できるさぁ~。

ミニ水族館の隣には「標本展示室」が設けられていて、こちらも見学無料だよ。

キタちゃん、少しお腹空きませんかさぁ~。

そうくると思って、さっきくまモンから情報を仕入れておきました。キャンパス内で阿蘇小国ジャージー牛乳100%のアイスクリームを販売中だって。行く?

行くさ、食べるさ、もちろんさぁ。

ガーン、完売……。

650個も持ち込んだけれど、ぜんぶ売れちゃったんだって。

ページトップ