投稿日2017年01月26日

6

アワビの生態

今回のテーマはエゾアワビ Nordotis discus hannai の生態について。

エゾアワビはワカメなどの海藻を食べる、日本では北海道や岩手県などに生息するアワビです。
なんと、アワビの殻の色は食べ物に由来しています。
昆布や人工飼料を食べているアワビは緑~青色の殻を作ります。
当ラボのアワビも普段ワカメを食べているので、きれいな緑色の殻を持っています。

ところで、エゾアワビなどの大型種アワビは、トコブシ Haliotis diversicolor aquatilis などの小型種アワビよりも比較的仲間との個体間距離が近いことが知られています。

どうやってエゾアワビは仲間に近づくのでしょうか?
実はエゾアワビは他のエゾアワビが移動したあとに残る粘液を追いかける性質を持つことがわかっています。
アワビには触覚があるのですが、この触覚がアワビ粘液由来の特定タンパク質に反応し、あとを追えているんですね。

まさか触覚があとを追うためのセンサーになっていたなんて…!
海の生き物には本当に驚かされますね!

ページトップ