投稿日2016年12月21日

7

ハオコゼの保護色

今回のテーマはハオコゼ Paracentropogon rubripinnis の保護色についてです。

突然ですがここでクイズ!
以下の写真の中にハオコゼは何匹いるでしょうか?

何匹見つけられましたか? 正解はこの記事の一番下にあります。
ハオコゼは浅いアマモ場や岩場に生息するお魚で、小型の甲殻類などをエサにしています。
体色は白、赤、黒、褐色が鮮やかに入り交じり、保護色をなしています。

体色が岩と似た色ですね!

また、ハオコゼはアマモ場や岩場であれば、どこでも見かけることができる身近な毒魚でもあります。
夏に海に行ったとき、ふと足元の海藻を見ていたらハオコゼがいる、ということもあり、うっかり踏んだりして背びれの毒を受けるととても危険です。

ハオコゼは写真でもわかるように、キレイでかわいいお魚なので、子どもだけでなく、大人もうっかり触ってしまわないように注意してください。

さて、先ほどのクイズの答えです。

正解は4匹。
特に左下のハオコゼを見つけられた方はすごいです!

身近にいる魚・・・ということは誰でも海でこの魚に出会えるということですね。
ハオコゼを見つけたら、触らずにキレイな体色を観察してみてください。

ページトップ